関連ツール・オプション

HOME >  関連ツール・オプション

Transmission Director X

Transmission Director X (TDX)は、httpベースの高速送信ロジックを実装したデータ送受信専用アプリケーションです。特別なポートやプロトコルを使用しないので、取引先に特殊なポートを解放いただく必要はありません。
TDXをご利用いただくことで、ドラッグ&ドロップの直観的な操作で、セキュア・確実に大容量データを高速に送受信することが可能です。
MacOSX及びWindows環境でご利用いただけます。

Transmission Director Xの特徴

簡単操作で大容量データを送受信 TDXでは送信するデータの分割や圧縮の必要はありません。宛先のアイコンにドラック&ドロップするだけで簡単に大容量データを送信。
受信の際も、画面上の受信データアイコンをクリックするだけで手元のPCへデータを収集できます。
送受信を効率化する送信・受信専用のホットフォルダを設定する事もできます。

柔軟な運用フローを構築可能

様々な運用シーンで使える通知機能 入稿指示書を添付することができます。この指示書は通知メールにも添付されますので、外出先からでも携帯電話などで確認することができます。

送り状メールの自動通知 通知メールの送付先は複数件指定でき、固定化することも可能です。管理者用Webサイト(INFOセンター)では通知するタイミングを「送信時」「到着時」「受信(収集)時」から決めることができます。

送受信の状況を簡単に確認 ステータス欄にはパッケージの状態「移動中」、「受信側に到着」、「受信者が収集済み」が表示され「プログレスバー」により伝送のおおよその時間が解ります。

高い速度パフォーマンス

DL時間 <前提条件>  ロケーション:アメリカ東海岸⇒東京   ファイル容量:1GB TDXを利用することで、他の手段に比べ高速化を実現します
(単位:分)

セキュリティ

ID/パスワードによる認証、通信経路上の暗号化だけではなく、データ自体も共通鍵方式のAES-256で暗号化し、その共通鍵も公開鍵方式の2048bitのRSAで暗号化して送信することが可能です。
鍵の受け渡しはTDXのメニューからおこなうことができます。

安全・確実な伝送技術

レジューム機能 特にインターネット回線では、距離が長くなればなるほど、データ容量が重くなればなるほど、回線障害の頻度は増していきます。レジューム機能は、通信回線に障害が発生しても、転送を一時的に保留状態にしておき、通信回線復旧後に転送を再開させる機能です。お客様側でデータ再送の指示をする必要がなく、長距離伝送や大容量データの受け渡しに安心してお使いいただけます。

チェックサム機能 多くはネットワーク混雑によるデータの取りこぼしが原因です。チェックサム機能は、データを送受信する際の誤り検出方法の一つです。送信データと受信データをそれぞれ数値化し、その合計を比較することでデータの誤りをチェックします。数値が異なれば、通信系路上でデータに誤りが生じていることになり、再送をおこないます。

マルチセッション FTPサーバ等でよく使われているTCP/IPのプロトコルは距離が遠くなるにつれ通信スピードが低下する特徴があります。この特徴は、海外拠点への伝送時等で顕著に現れます。TDXのマルチセッションは、1つの回線上に複数のセッションにより高速伝送する機能です。海外など長距離伝送でネックとなっている伝送スピードの低下を複数のセッションを束ねることにより伝送路の安定・高速化を実現します。

ワムネットサービス / 効率化ツール

ご利用者の利便や操作性を向上し、運用フローを効率化することができる各種ツールをご用意しています。ご利用中のサービスに合わせてご活用いただけます。

Contents Submission Icon(CS Icon)

デスクトップに送信専用のアイコンを設置します。
ファイルを重ねるだけの操作で、誰でも、簡単に、間違いなくデータを送ることができます。送信頻度の高い取引先への送信に便利にご利用いただけるだけではなく、誤送信防止対策にも有効なツールです。

Contents Submission Portal

お客様のサイトに送信専用のボタンを付加し、簡単操作であらかじめ決められた相手先への送信を行えます。現在お使いサイトをそのまま活かすことができますので、コーポレートサイトのイメージを損なわずにデータ伝送との連携をはかることができます。

transmissiotn Web Client(TWC)

Direct!専用ツール

Direct!送受信専用サーバへブラウザを利用してアクセスを行います。
専用アプリケーションがインストールできない場合に有効です。

Contents Submission Java Web Start(CS JWS)

InternatGateway専用ツール

InternetGatewayサービスにおいて、データ送信時にTDX同様のインターフェイスをお使いいただくことが可能です。専用アプリケーションがインストールできない場合に有効です。

Transmisson Scriptable Client (TSC)

TSCを利用することでデータ送受信時の自動化を実現します。決められた相手先へのスケジュール化されたデータ自動送信や、受信データの自動出力によるリモートプリント(※)などを行うことができます。
※対応機器のご用意が必要です。
その他サービス
  • DIRECT! EXTREME
  • WAM!NET
  • Content Facilitator
  • GigaCC
  • WS2
  • MultiPortFax 4 Pro
  • WDDC
お問い合わせ 日本ワムネット株式会社 営業部 TEL:03-5117-2150 受付時間9:30~18:00(土日祝日および弊社休日を除く) オンラインでの資料請求・お問い合わせ