2020/1/16

ソフトウェア販売向けGigaCC OFFICEのサポート期限に関するご案内

2020/1/16 掲載


2020年1月時点におきまして、ソフトウェア販売向けGigaCC OFFICEのインストール対象OSとして、Red Hat Enterprise Linux 6(以降、RHEL6)及び7(以降、RHEL7)をサポートしております。

RHEL6につきましては、2020年11月30日までのサポート期限を予定しておりましたが、Redhat社におけるRHEL6のExtended Life-cycle Support(ELS)提供に伴い、ソフトウェア販売向けGigaCC OFFICEとしては、2024年3月31日までサポート期限を延長することになりましたので、ご案内申し上げます。
また、RHEL7につきましても、RHEL6と同様、2024年3月31日までサポートいたします。


■ ソフトウェア販売向けGigaCC OFFICEのサポート期限

RHEL6: 2024年3月31日まで
RHEL7: 2024年3月31日まで


■ お問い合わせ先

本内容についてご不明な点がございましたら、弊社営業担当までお問い合わせください。