2018/2/26

スマートアップロード・スマートダウンロードをご利用のお客様へ

2018/2/26 掲載


2018/2/10に実施のWS2メンテナンス以降、Oracle社のJava7 Update76より前のJava7バージョンを適用したWindowsならびにMacOS環境におきましては、スマートアップロード・スマートダウンロード機能がご利用頂けなくなりました。

この挙動は、2018/2/10に実施したメンテナンス「Javaコードサイニング証明書の更新作業」によって更新されたコードサイニング証明書のセキュリティ仕様変更によるものです。

上記環境に該当する場合、お手数をお掛けしますが、Java7 Update76以降へアップデート頂けますようお願い致します。


■ 補足情報

もし、Java7のアップデートが困難な場合、ファイル送信機能・ファイル共有機能それぞれ以下のアップロード方法をご検討頂けますようお願い致します。

・ファイル送信機能をご利用の場合
スマートアップロード以外の方法では、アップロード対象をファイル単位でしか選択できないため、複数ファイルやフォルダをZIP圧縮した上でアップロード頂けますようお願い致します。

・ファイル共有機能をご利用の場合
複数ファイルの一括アップロードが可能であるダイレクトアップロード機能をご利用頂けますようお願い致します。

※ダイレクトアップロード機能とは、ファイル共有画面のツリー下部にあるアップロード枠へ対象ファイルをドラッグ&ドロップするだけでアップロード頂ける機能です。また、Google Chromeに限り、フォルダもダイレクトアップロードが可能です。


■ お問い合わせ先

本内容についてご不明な点がございましたら、弊社サポートまでお問い合わせください。