メディア紹介&リリース情報

HOME > メディア紹介&リリース情報 > 多回線FAXサーバソフトウェアMultiPortFAX 4 Pro. が仮想化環境に対応

2013.10.28 多回線FAXサーバソフトウェアMultiPortFAX 4 Pro. が仮想化環境に対応

日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:福井 信之)は、多回線FAX サーバソフトウェアMultiPortFAX 4 Pro.が仮想化環境のサポートを開始することを発表しました。

この度、MultiPortFAX 4 Pro.は通信ボードの代わりにネットワーク上に配置するFAX ゲートウエイに対応し、FAX サーバの仮想化環境での使用を実現しました。

FAX ゲートウエイとしてAudioCodes 社 Mediant シリーズ 、MediaPack シリーズ をサポート。これらのMediant、MediaPack シリーズは小規模なアナログ回線に加え、INS64 や INS1500 を使用した中規模~大規模な利用を可能にします。

今回のリリースによりMultiPortFAX 4 Pro.は1回線~2回線等の安価な環境から40 回線以上の大規模用途も含めた幅広いニーズに対応する仮想化の構成が可能となりました。

※ 仮想化環境はVMware vSphere (ESX)、Hyper-V、及びXenServer をサポートしています。

【Mediant、MediaPack シリーズによる構成図】

2013102801.jpg

※ Mediant、MediaPack シリーズご利用のためには、Fax over IP(FoIP/T.38)機能を提供するソフトウェア SR140(ダイアロジック社製)をMultiPortFAX 4 Pro.サーバにインストールする必要がございます。SR140 によりMultiPortFAX4 Pro.とMediant、MediaPack シリーズ間でT.38 によるFoIP 通信が行われ、Mediant、MediaPack シリーズと相手先FAX 間のFAX 通信の制御を実現します。

【FAX モデム+PortServer による構成図】

20131028012.jpg

※ Portserver TS ご利用のためには、PortServer TS に付属のソフトウェアRealPort をMultiPortFAX 4 Pro.にインストールする必要がございます。RealPort が、ネットワーク上にあるシリアルデバイスの制御を実現します。

【SR140 について】
FAX over IP(FoIP)を提供するソフトウェア(仮想FAX ボード)
型番:SR140-2-R3(2 Channel から)
価格:オープン価格

【Mediant/Mediapack について】
型番:Mediant 1000B、Mediapack 116/118
価格:オープン価格

【発売日】
2013 年11 月1 日より提供予定

MEDIA&RELEASE INTRODUCTION