ニュース&イベント

HOME > ニュース&イベント > ウェビナー「withコロナ時代のテレワーク 許さない!見逃さない!情報漏えい」を開催いたします!

2020.10.22 ウェビナー「withコロナ時代のテレワーク 許さない!見逃さない!情報漏えい」を開催いたします!

~データ流出のよくあるリスクと秘密データ持ち出しの手口を、ベンダ―自らが解説!~

新型コロナウィルス感染拡大防止を目的として、多くの企業がテレワークの実践に取り組んでいます。そのような中、アフターコロナ/withコロナ時代の対応として、改めて「テレワークのあるべき進め方」を整理している企業も多いのではないでしょうか。

テレワーク環境下、情報漏えいと直結するリスクがあるデータの受渡しや保存、管理において、意図しない流出を防ぐことは情報セキュリティ対策上大きな課題のひとつとなっています。

本セミナーでは、法務・知財のDXを牽引するリーガルテック株式会社と共同で、テレワークで活用が進むオンラインストレージサービスに潜む、データ流出のよくあるリスクと秘密データ持ち出しの手口や、万が一情報漏えいなどの内部不正が発生した場合、専門家に依頼せずに自社で初期対応できる最新の解決策をご紹介します。

お客様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要開催概要

【タイトル】
withコロナ時代のテレワーク 許さない!見逃さない!情報漏えい

【主催】
リーガルテック株式会社/日本ワムネット株式会社

【参加費用】
無料(事前登録制)

【開催日程】
2020年10月28日(水)10:30~10月30日(金) 17:00

※お申込みいただいた方は、上記時間内であればご自由に視聴いただけます。
※お申込みいただいた方には別途、リーガルテック株式会社より視聴用URLをご案内いたします。
※同業他社、個人の方のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

【プログラム】
第一部
「情報持ち出しの証拠を残せ!オンラインストレージ編」
~テレワークで加速するオンラインストレージサービス運用に潜む、情報漏えいリスクとデジタルフォレンジック視点からの対応策~
講師:日本ワムネット株式会社

<デジタルフォレンジックとは>
犯罪捜査や法的紛争などで、コンピュータなどの電子機器に残る記録を収集・分析し、その法的な証拠性を明らかにする手段や技術の総称。

第二部
「専門家に依頼しなくても実施できる情報漏えい調査とはどんなやり方?」
~ファストフォレンジックによる内部不正調査のススメ~
講師:リーガルテック株式会社

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。

【お申込み】
以下のページよりお申込みください。
https://www.aos.com/announcement-1022-wamnet-onlineseminar/
※リーガルテック株式会社のWebサイトへ遷移します。
※リーガルテック株式会社における個人情報の取り扱いについては、遷移先ページに記載しております。

申込受付期間:10月22日(木)~10月26日(月)17:00まで

本件に関するお問い合わせお問い合わせ

日本ワムネット株式会社 ソリューション営業部
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 エイハ新川9F
Tel:03-5117-2150
Email: