請求書一斉配信シナリオ

HOME | 請求書一斉配信シナリオ

請求書一斉送信シナリオ

毎月の作業を効率化/自動化


「請求書一斉送信シナリオ」は、企業向けオンラインストレージ GigaCCと組み合わせて利用することで、毎月の請求書発送作業を効率化/自動化するだけではなく、大幅なコストダウンを実現します。

GigaCC+ワムロボなら、
新たに高額な請求書発行システムを導入する必要はありません。

 

現状の請求書発行そのものの仕組みを大きく変える必要がありませんので、作業手順やフロー変更の手間、コストを抑えることができます。
「WinActor Cast on Call」ご利用の場合、RPAライセンスの購入は不要。
RPAの専門的知識やオンラインストレージの運用ご経験のない方でも、無理なくスモールスタートが可能です。

 

WinActorRPA)ライセンス導入済の場合、シナリオのみの提供も可能です。

導入効果とメリット


誤送信防止

送信リスト(CSVファイル)が正確であれば(確認を行うことで)、誤送信リスクはありません。

 

手作業を軽減

  操作がシンプルなので、特別な導入教育なども不要です。

 

未回収リスク軽減

送信した帳票の相手の受信状態(未受信/受信済み(ダウンロード済み))など、「相手先の受信状況」を確認できます。

コストと手間を大幅に軽減

毎月1,000枚の請求書を郵送すると、郵送代だけで84円×1,000枚=84,000円/月のコストが発生することになります。
ワムロボ「請求書一斉送信シナリオ」とGigaCCを利用することで、同数の請求書を20,000円/月+αで配信することができます。
毎月の経理ご担当者の作業時間が大幅に短縮されることを合わせると、そのコストメリットは計り知れません。

 

本シナリオで実現できること


RPA利用により自動化できること

GigaCC送信用CSVファイルの作成

請求書送付に必要な宛先リストを生成します。

 

ファイルアップロード&一斉送信操作

送付する請求書PDFファイルをGigaCC上に自動でアップロードし、一斉送信を実行します。

 

受信ステータスの確認

送信後に相手期先の受信状況を取得し、エクセルファイルでレポートします。
お客様にご用意いただくもの
送付先リスト
会社名とメールアドレスのリスト(EXCELファイル)
送信対象ファイル 送信先ごとの請求書ファイル(PDFファイルなど)

提供価格


分類 項目 利用料金 備考
利用料
初期費用 100,000円  
 月額費用 20,000円/月 送信用GigaCCサービス利用料です
※GigaCCご利用中のユーザー様の場合、個別のGigaCC環境をご用意いたします
RPA利用料 お客様環境の場合
別途お見積り申し上げます ・WinActorライセンス
・リモートサポート
Cast on Callご利用の場合  【年会費】
12,000円/年
【シナリオ実行費】
500円/回
NTT-AT社へ直接お支払いいただく必要がございます 
(クレジットお支払いのみ)
※上記費用には消費税は含まれておりません。別途お申し受けいたします。
 

・シナリオ実行に関するメールによるサポートを含みます。初期導入等でオンサイトサポートを実施する際は別途費用が発生します。
・一般のRPAに関するサポートは、別途リモートサポートメニューをご用意しています。

CONTACT

/ お問い合わせ

ご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。