充実のクライアントツール

FAX業務の運用を支援するクライアントツール パフォーマンスと操作性が向上。

FAX履歴の確認・管理も簡単

FAXサーバ上で送信・受信した履歴情報の確認・管理が可能です。エラーの抽出や検索、原稿の確認、コメント書込み等、豊富な機能を提供します。従来バージョンよりパフォーマンスおよび操作性が大幅に向上しました。

ワークフロー概要(ログビューア機能)

1.送受信履歴の把握

・大量のログ管理・閲覧が可能

2.ユーザ認証

・ID/パスワード認証
・ユーザ(グループ)ごとのアクセス権限設定 (閲覧対象ログ制御や操作権限)

3.イメージの確認・編集


4.FAX再送・転送指示


5.ログ操作機能および操作ステータス管理

・イメージ閲覧(未読/既読)、イメージ保存、印刷、編集、再送、転送、ログエクスポート

6.フォルダ操作機能(ログの分類・整理機能)

・フォルダの新規作成、削除
・ログ移動・コピー・削除

7.検索・フィルター機能


8.コメント書込み機能


ログビューア受信ログ表示画面

ログビューア機能の主な詳細

(1)ログビューアによる送受信FAXの共有・処理・管理

※下のイメージは全フォルダへのアクセス権限がある管理者がアクセスした場合。アクセス権のあるフォルダ/ログのみが表示されます。

受信FAXイメージ表示画面

操作ステータスの表示が可能

各種操作した内容が画面上すぐにわかります。操作ステータスの表示

各種操作の処理したユーザの記録が可能

操作実行時に担当者の情報、日時など記録します。ログビューア上で閲覧やCSVで出力することが可能です。

<主な記録情報>
・イメージ閲覧日時、閲覧者、閲覧回数
・イメージ保存日時、保存者、保存回数
・イメージ編集日時、編集者、編集回数
・イメージ再送日時、ユーザ名、イメージ再送回数
・イメージ転送日時、ユーザ名
・コメント編集日時、編集者、編集回数 etc.

処理の優先順位、処理済みの設定が可能

優先順位の設定、処理済みの設定が画面上行えます。

処理の優先順位

(2)受信FAXのイメージ編集

・受信したFAXイメージを編集のうえサーバに保存し、他メンバーと共有が可能。相手先に返信も可能。
・ハンコの押印、定型文の挿入、図形、テキスト情報などの入力も可能。

受信FAXのイメージ編集

(3)発信元情報表示

FAXを受信時に発信元FAX番号により、予めDBに登録した会社名、部署名、氏名等の情報を参照し、ログに表示します。検索・参照が容易となります。

発信元情報表示

FAXサーバの監視や権限設定等も手軽に

モニタツールによりFAXサーバの状態監視を行えます。接続FAX回線の利用状況確認や送信待FAXの滞留状況確認、及び送信キャンセル処理等が可能です。また、設定ツールでは、動作環境や各機能の詳細設定、およびユーザ登録や権限設定等が可能です。

機能充実のFAX送信ツール

パソコンからワードやエクセル(※)、またPDF等をFAX送信できる送信ツール。複数の宛先への一斉送信や、電話帳の利用など、便利な機能も満載。ダブルチェック機能による誤送信防止、Fコードによる親展通信等のセキュアな通信など、 情報漏洩対策機能も利用可能です。

1.電話帳機能



2.カバーシート(送付状)機能



3.誤送信防止機能

1.第三者チェック機能
2.宛先再確認(本人チェック)機能

4.送信条件設定

・送信時刻指定
・Fコード送信
・CSID確認送信


※ ワードやエクセル文書は付属の仮想プリンタドライバによりTiffファイルに変換のうえ送信することが可能です。

FAX送信設定画面


日本ワムネット(株)ソリューション営業部
TEL 03-5117-2147
受付時間 9:30〜18:00 ※土日祝日および弊社休日を除く