日本ワムネット、企業向けオンラインストレージGigaCC ASP 最新バージョンを提供開始

大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:福井 信之)は、企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」(ギガシーシー エイエスピー)の最新版(バージョン3.2.2)を12月1日より提供する事を本日発表します。

GigaCC ASPは、2002年の発売以来、日本国内で約20 万人のビジネスパーソンが利用する、純国産・業界トップクラスの企業向けオンラインストレージサービスです。企業での情報共有・送信インフラとしての利用 に特化し、企業内の重要なファイルを安心して外部企業とやり取りすることを目的に開発されました。

今回のアップデートでは、使い勝手・利便性の向上をはじめ、インタラクティブなコメント機能の強化により、メンバー間のコミュニケーションをGigaCC上で実現いたします。

最新バージョン 3.2.2 おもな機能>
・ファイル送信時の利便性向上
-レジューム機能:回線状況が不安定な地域とのファイル送受信を支援いたします。
-スマートアップロード機能:送信ファイル選択時に、フォルダごとドラッグ&ドロップでの操作が可能になります。
・ファイル共有機能の拡張
-ドキュメントビューアの搭載:Word,Excel,PowerPoint,PDFデータをダウンロードせずに、GigaCC上で確認可能になりました。
-インタラクティブなコメント機能:GigaCCファイル共有上で、ワンストップのコミュニケーションを実現いたしました。
・専用iOSアプリの機能向上
・SAML/SSO対応
-SAML2.0に対応することで、シングルサインオン環境の構築が可能になります。

詳細はこちらよりご確認ください。

<アップデート提供開始時期>
2013年12月1日

 <価格>
GigaCC ASP (クラウドプラン):月額12,000円(1GB/10アカウント)より

GigaCCについて>
GigaCC は、2002年の発売以来、10年以上の実績を持つ純国産の企業向けオンラインストレージシリーズのブランドです。企業間でのファイル送受信、共有を安 全・確実に行なうことができるツールとして、製造・金融・サービス・流通・メディアなどの上場企業や大企業を含む、多くの法人・自治体などで採用されてい ます。プロジェクトや部署単位で利用可能なクラウドプランGigaCC ASP、カスタマイズや認証システム連携などによって、大規模運用を実現する専用型プランGigaCC OFFICE、メール誤送信防止ソフトウェアGigaCC MailChecker、ビジネスコンテンツ保護ソリューションGigaCC Viewをラインナップしています。
http://www.gigaccsecure.jp/

<日本ワムネットについて>
日本ワムネットは、住友商事の子会社でエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社等も出資する合弁会社です。大容量データを安全に伝送、共有、保管するサービスやWEBサイトのネットワークシステムの開発や販売事業を展開しています。
http://150.60.144.170/corp

 <本件に関するお問い合わせ先>

【一般の方からのお問合せ】
日本ワムネット株式会社 営業部
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 パシフィックマークス新川9F
TEL: 03-5117-2150  FAX: 03-5117-2155
Email: japan.sales@150.60.144.170

本リリースに記載の社名、製品名、並びにサービス名は各社の商標または登録商標です

TOP